スマートモビリティ社会の構築

スマートモビリティ社会の構築

プロジェクト概要

自動車の利用段階におけるCO2排出量は、国内外ともにCO2排出量全体の16%を占めており、わが国では、その内の約40%が商用利用目的の車両由来のものとなります。温暖化対策に向けて世界的に自動車の電動化の動きが進む中、商用車は稼働率が高く、エネルギー消費量が多いため、乗用車と比較して電動化が遅れています。

電気自動車(以下、EV)の商用利用には、充電電力の増加、充電タイミングの重複等により必要となる電力系統補強(社会コストの増大)や、EVの運用に伴う運輸事業コスト増大(契約電力量見直しや関連設備の導入・保守 等)の懸念があります。そのため、運行管理と一体的に、特に商用車による電力需要に着目して、エネルギーマネジメントを行う必要があります。また、燃料電池自動車(以下、FCV)においても、整備コストの高い水素ステーションを最適に配置・運用する必要があります。

そこで本プロジェクトでは、商用電動車(EV・FCV)の普及拡大に資する社会システム全体としてのコストの最適化を図るため、車両・走行データやエネルギー消費、インフラ活用、地図などの外部データをもとに、シミュレーション技術を活用し、インフラの最適配置やエネルギー利用の最適化に関する研究開発・実証を実施します。またそのために必要となるデータの収集と、事業者における商用電動車の活用拡大に向けた運行管理と一体的なエネルギーマネジメントの実現に向け、複数の事業者において大規模な商用電動車の利用実証を伴う研究開発を行います。

プロジェクトの特徴

[1]商用電動車本格普及時における社会全体最適を目指したシミュレーションシステム構築に関する研究開発

商用電動車の本格普及を見据え、エネルギーシステムへの負荷軽減や充電・水素充てんインフラの最適配置を図り、実データをもとにエネルギー利用量・CO2排出量を最適化する望ましい運行管理と一体的なエネルギーマネジメントのシミュレーションモデルを構築・検証するとともに、そのモデルが運輸事業者へ提供可能となるよう検討を行います。

[2]商用電動車の大規模導入を実現するために必要となる運輸事業者における運行管理と一体的なエネルギーマネジメント等に関する研究開発

運輸事業者において、一定のエリアで商用電動車を運用し、運行面や車両、エネルギー利用に関するデータを取得するとともに、外部データや既存でまだ普及していない技術等の活用も視野に入れ、運行管理と一体的にエネルギーマネジメントを行うシステムを構築・検証します。

さらに、本プロジェクトにおいては、[1]と[2]の事業者が連携して相互にデータ提供やシステムの有用性検証等に取り組みます。

プロジェクトサマリー

■予算額

■CO2の削減効果

■経済波及効果